女性

現役のパティシエに教わろう│専門学校で本格的な技術を

資格を取るには

野菜

料理の専門学校ではいろいろな資格を取得することができて、その中にはフードコーディネーターというものがあります。フードコーディネーターとは食に関する様々な知識を持っている人のことで、飲食店に関する仕事であればいろいろな分野で働くことができるでしょう。ある飲食店の新メニューを提案したり企画を任されたりするのです。他にも料理番組のアドバイザーや解説、料理の専門学校の講師などをすることもあります。いろいろな仕事をすることができますが、食に関するプロですから常に新しい料理を考えて斬新な発想の料理を開発しないといけないのです。ですから、本当に料理を作ることが楽しくていろいろな料理を考えるのは好きという人が、フードコーディネーターに向いているでしょう。この資格を取るためには食材に関する知識以外にも、飲食店を運営するために必要な運営知識などを勉強しないといけません。また、飲食店を経営する時のマネジメントの仕方や、テーブルコーディネートなどの様々なことを学ばないとこの資格を取ることはできないでしょう。この資格には三段階あって、一番最初の三級では食に関する知識があれば取得することができます。次の二級では料理の知識だけでなくお客さんの欲求に答えることができるようなフードコーディネーターかどうかを審査するのです。一級ではプロとして活躍することができる知識と技術が必要になります。仕事の規模に応じたチームを編成したり、的確な指示を出したりして最善の選択肢を選ぶことができるかをチェックします。